給与計算業務

賃金支払の5原則

労働の対価として労働者に支払われる賃金は労働基準法でその支払方法を規制しています。

労働の対価として労働者に支払われる賃金は労働基準法でその支払方法を規制しています。

給与計算に必要な知識は

給与から控除できる項目は健康保険(介護保険)、厚生年金保険、雇用保険などがありますがこれらの制度のことを把握できていないまま計算をソフト任せにしていてもいざという時に対応ができません。ただ、これらのことを理解するにはかなりの時間と知識が必要となります。

従業員に任せると

  • 従業員が退職した場合、後任担当者を雇い入れ引き継ぎが必要に
  • 給与計算に必要な知識をもった人を採用できるか
  • 社内従業員の給与を従業員が知ってしまうことになり、情報の漏洩にも
など従業員の生活の糧となる給与計算の間違いは許されません。

給与計算業務の流れ

企業様
当事務所
企業様

ワークシフトでコスト削減

給与計算業務を当事務所に外部委託(ワークシフト)することによりその時間・経費が削減されます。

企業様 ワークシフト 当事務所


佐々木社会保険労務士事務所 更新情報
対応地域
対応地域
東京都23区(世田谷、渋谷、新宿、目黒、港、品川、千代田、中央、文京、台東、墨田、江東、大田、中野、杉並、豊島、北、荒川、板橋、練馬、足立、葛飾、江戸川)
東京都23区以外
神奈川県、埼玉県、千葉県
PAGE TOP